2024年2月12日の為替・株価の振り返り

こんにちは、採掘師です。

2024年2月12日の為替・株価に関して、振り返りをします。

1日の振り返り

ドル円は、大きく動くことなく小動きで推移していました。

動きがあったのは、豪ドル円。

欧州市場が開いてから徐々に買い圧力が強まり、円の売りも強まった段階で、97.5円を超え利確することができました。

イベントが少ない1日での利確は、非常にありがいですね。

2024年2月12日の成績

取引回数決済回数
34

為替

為替に関しては、午前7時〜翌日午前7時までの範囲でとりまとめています。

各通貨の強弱

株価の終値

日本株価指数

指数終値前日差
日経平均株価36,897.4266.72

※東京市場が祝日のため休場(終値:2024.02.12)

米国株価指数

指数終値前日差
NYダウ38,797.38125.69
S&P5005,021.84-4.77
ナスダック総合15,942.54-48.12
ナスダック10017,882.66-79.74

気になる経済指標

日本

本日発表の経済指標はありませんでした。

オーストラリア

本日発表の経済指標はありませんでした。

EU・スイス

本日発表の経済指標はありませんでした。

アメリカ

本日発表の経済指標はありませんでした。

主要な重要イベント

  • 休場:日本【建国記念日】

為替変動要因まとめ

  • ドル円小反発
    • 終値は149.35円と前日比で6銭程度のドル高水準。
    • 米10年債利回りが4.14%台まで低下すると円買い・ドル売りが先行。21時30分前に一時148.93円と日通し安値を更新した。
    • 売り一巡後は買い戻しが優勢に。日銀の低金利政策が続くとの見方が強まる中、日経平均先物の大幅上昇とともにリスク選好の円売り・ドル買いが出た。
      • 米10年債利回りが4.19%台まで上昇したこともドル買いを促し、1時過ぎには一時149.48円と日通し高値を更新した。
    • 9日に付けた年初来高値149.58円が目先レジスタンスとして意識されると伸び悩んだ。
      • 米10年債利回りが再び低下したことも相場の重し。