2024年1月19日の為替・株価の振り返り

こんにちは、採掘師です。

2024年1月19日の為替・株価に関して、振り返りをします。

1日の振り返り

ドル円は、1日を通して堅調に推移しました。

148円より下へは行かない力強さを感じる相場でしたので、ポジションをやや積み上げしっかりと利益を乗せることができました。

来週は、日銀金融政策発表が控えており、どのような展開になるかが注目ですね。

2024年1月19日の成績

取引回数決済回数
57

為替

為替に関しては、午前7時〜翌日午前7時までの範囲でとりまとめています。

各通貨の強弱

株価の終値

日本株価指数

指数終値前日差
日経平均株価35,963.27504.33

米国株価指数

指数終値前日差
NYダウ37,863.80395.19
S&P5004,839.8158.87
ナスダック総合15,310.97255.32
ナスダック10017,314.01331.72

気になる経済指標

日本

公表時間通貨イベント前回予想結果
08:50全国消費者物価指数(CPI)【前年同月比】2.8%2.5%2.6%
08:50全国消費者物価指数(CPI:生鮮食品除く)【前年同月比】2.5%2.3%2.3%
08:50全国消費者物価指数(CPI:生鮮食品・エネルギー除く)【前年同月比】3.8%3.7%3.7%
13:30第三次産業活動指数【前月比】-0.8%0.2%-0.7%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

オーストラリア

本日発表の経済指標はありませんでした。

EU・スイス

公表時間通貨イベント前回予想結果
16:30フラン生産者輸入価格【前月比】-0.9%-0.6%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

アメリカ

公表時間通貨イベント前回予想結果
24:00ドルミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)69.770.078.8
24:00ドル中古住宅販売件数【年率換算件数】382万件382万件378万件
24:00ドル中古住宅販売件数【前月比】0.8%0.0%-1.0%
30:00ドル対米証券投資-838億ドル2602億ドル
30:00ドル対米証券投資(短期債除く)33億ドル1261億ドル

主要な重要イベント

  • 19:00:EU【ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁:発言】

為替変動要因まとめ

  • ドル円下落
    • 終値は148.12円と前日比で4銭程度のドル安水準。
    • 日銀の早期政策修正観測が後退する一方、米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ観測は後退しており、円売り・ドル買いが出やすい地合いだった。
      • 東京市場では一時148.80円と昨年11月28日以来の高値を付けた。
      • NY市場に限れば上値が重い展開に。
    • 米ミシガン大学が公表した1月米消費者調査で、消費者態度指数(速報値)が予想を上回ると一時148.53円付近まで上げたものの、同時に発表された消費者の期待インフレが予想を下回ったためすぐに失速。
      • 12月米中古住宅販売件数が予想より弱い内容となったことも相場の重しとなり、148.03円付近まで下押しした。
      • 一時は4.1957%前後と昨年12月13日以来の高水準を記録した米10年債利回りが4.11%台まで低下したこともドル売りを誘った。