2024年1月16日の為替・株価の振り返り

こんにちは、採掘師です。

2024年1月16日の為替・株価に関して、振り返りをします。

1日の振り返り

ドル円は引き続き強い円安により、147円の壁を越えてきました。

ニューヨーク連銀製造業景気指数の大幅な悪化によるドル売りがあったことで一時的に下がる場面があったものの、米国利下げ期待が剥落する流れでドル買い戻しが継続しています。

ドル円の円高方向への調整を警戒しつつ、現状のポジションの整理を優先しつつ決済を進めていきたいと思います。

どこまで、円安の流れが続くかが注目です。

2024年1月16日の成績

取引回数決済回数
110

為替

為替に関しては、午前7時〜翌日午前7時までの範囲でとりまとめています。

各通貨の強弱

株価の終値

日本株価指数

指数終値前日差
日経平均株価35,619.18-238.29

米国株価指数

指数終値前日差
NYダウ37,361.12-231.86
S&P5004,765.98-17.85
ナスダック総合14,944.35-28.41
ナスダック10016,830.71-2.21

気になる経済指標

日本

公表時間通貨イベント前回予想結果
08:50国内企業物価指数【前月比】0.2%0.0%0.3%
08:50国内企業物価指数【前年同月比】0.3%-0.3%0.0%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

オーストラリア

公表時間通貨イベント前回予想結果
08:30豪ドルウエストパック消費者信頼感指数82.181.0

※公表時間は、日本時間で表示しています。

EU・スイス

公表時間通貨イベント前回予想結果
19:00ユーロZEW景況感調査23.022.7

※公表時間は、日本時間で表示しています。

アメリカ

公表時間通貨イベント前回予想結果
22:30ドルニューヨーク連銀製造業景気指数-14.5-5.0-43.7

※公表時間は、日本時間で表示しています。

主要な重要イベント

  • 24:00:イギリス【ベイリー英中銀(BOE)総裁:発言】

為替変動要因まとめ

  • ドル円続伸
    • 終値は147.19円と前日比で1円46銭程度のドル高水準。
    • 1月米ニューヨーク連銀製造業景気指数が▲43.7と予想の▲5.0を大幅に下回ったことが分かると全般ドル売りが先行。
      • 22時30分過ぎに一時146.29円付近まで下押しした。
      • 売り一巡後は買い戻しが優勢に。
    • ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事はこの日、講演で「インフレが再燃しなければ、今年利下げは可能」としながらも、「インフレ率の低下が持続すると明確になるまで利下げを急ぐべきでない」「利下げは秩序立った慎重なペースで進めるべき」などと発言。
      • 「ウォラー氏は行き過ぎた市場の利下げ期待をけん制した」との見方から、米長期金利の上昇とともにドル買いが加速した。
      • 4時前には一時147.31円と昨年12月7日以来の高値を更新した。