2024年1月11日の為替・株価の振り返り

こんにちは、採掘師です。

2024年1月11日の為替・株価に関して、振り返りをします。

1日の振り返り

注目の、米国消費者物価指数(CPI)が発表されました。

予想よりも上振れている点で、ドル円は一瞬吹き上げましたが徐々に下落していくという流れでした。

CPIの結果が、米国の利下げ観測にどれほどの影響が出てくるかが不透明ですが、ややインフレ再燃の兆しがあるのではと感じます。

ドル円が150円に戻るという想定でポジションを積み上げるには至りませんが、今後の経済指標には注意が必要ですね。

2024年1月11日の成績

取引回数決済回数
108

為替

為替に関しては、午前7時〜翌日午前7時までの範囲でとりまとめています。

各通貨の強弱

株価の終値

日本株価指数

指数終値前日差
日経平均株価35,049.86608.14

米国株価指数

指数終値前日差
NYダウ37,711.1515.48
S&P5004,780.24-3.21
ナスダック総合14,970.180.53
ナスダック10016,820.9027.86

気になる経済指標

日本

公表時間通貨イベント前回予想結果
14:00景気先行指数(CI:速報値)108.9107.9107.7
14:00景気一致指数(CI:速報値)115.9114.5114.5

※公表時間は、日本時間で表示しています。

オーストラリア

公表時間通貨イベント前回予想結果
09:30豪ドル貿易収支71.29億豪ドル75.00億豪ドル114.37億豪ドル

※公表時間は、日本時間で表示しています。

EU・スイス

本日発表の経済指標はありませんでした。

アメリカ

公表時間通貨イベント前回予想結果
22:30ドル消費者物価指数(CPI)【前月比】0.1%0.2%0.3%
22:30ドル消費者物価指数(CPI)【前年同月比】3.1%3.2%3.4%
22:30ドル消費者物価指数(CPIコア指数)【前月比】0.3%0.3%0.3%
22:30ドル消費者物価指数(CPIコア指数)【前年同月比】4.0%3.8%3.9%
22:30ドル新規失業保険申請件数20.2万件21.0万件20.2万件
22:30ドル失業保険継続受給者数185.5万人187.1万人183.4万人
28:00ドル月次財政収支-3140億ドル-653億ドル-1294億ドル

※公表時間は、日本時間で表示しています。

主要な重要イベント

主要なイベントはありませんでした。

為替変動要因まとめ

  • ドル円3日ぶり反落
    • 終値は145.76円と前日比で47銭程度のドル安水準。
    • 12月米消費者物価指数(CPI)が前月比0.3%/前年比3.4%と予想の前月比0.2%/前年比3.2%を上回り、エネルギーと食品を除くコア指数が前月比0.3%/前年比3.9%と前年比で予想を上回ったことが分かると、米長期金利の上昇とともに全般ドル買いが先行。
      • 前日の高値145.83円や5日の高値145.97円を上抜けて一時146.41円と昨年12月11日以来1カ月ぶりの高値を付けた。
      • 前週分の米新規失業保険申請件数が20.2万件と予想の21.0万件より強い結果となったこともドル買いを促した。
    • 一時は4.06%台まで上昇した米10年債利回りが3.96%台まで低下するとドル円にも売りが波及。
      • 6時30分過ぎに145.26円付近まで押し戻された。
      • 市場では「米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ観測は根強い」との指摘。
    • 今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有するメスター米クリーブランド連銀総裁は「12月CPIの結果は我々の仕事がまだ終わっていないことを示唆」「3月は利下げ時期としては恐らく早過ぎる」と述べ、市場の早期利下げ観測をけん制した。