2024年1月8日の為替・株価の振り返り

こんにちは、採掘師です。

2024年1月8日の為替・株価に関して、振り返りをします。

1日の振り返り

日本は、成人の日の祝日ということもあり、薄商いの中での取引となりました。

午前中は、円安方向に上昇したドル円も午後からは、下値を切り下げる流れとなりました。

今後、円高に大きく振れる可能性も考慮して、50pips以上の利益をだしているポジションを決済しています。

2024年の為替2大イベントとである、米国利下げと日銀の政策変更が実施されるまでは、レンジ内で収まるかと考えているので、ポジションは攻めすぎないよう注意したいと思います。

2024年1月8日の成績

取引回数決済回数
72

為替

為替に関しては、午前7時〜翌日午前7時までの範囲でとりまとめています。

各通貨の強弱

株価の終値

日本株価指数

指数終値前日差
日経平均株価33,377.42132.21

※東京市場が祝日のため休場(終値:2024.01.05)

米国株価指数

指数終値前日差
NYダウ37,683.01216.90
S&P5004,763.5466.30
ナスダック総合14,843.77319.70
ナスダック10016,649.87343.89

気になる経済指標

日本

公表時間通貨イベント前回予想結果
08:50マネタリーベース【前年同月比】8.9%7.8%
14:00消費者態度指数(一般世帯)36.136.537.2

※公表時間は、日本時間で表示しています。

オーストラリア

本日発表の経済指標はありませんでした。

EU・スイス

公表時間通貨イベント前回予想結果
16:30フラン実質小売売上高【前年同月比】-0.1%0.7%
16:30フラン消費者物価指数(CPI)【前月比】-0.2%-0.1%0.0%
19:00ユーロ経済信頼感93.894.294.6
19:00ユーロ消費者信頼感(確定値)-15.1-15.0
19:00ユーロ小売売上高【前月比】0.1%-0.3%-0.3%
19:00ユーロ小売売上高【前年同月比】-1.2%-1.5%-1.1%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

アメリカ

公表時間通貨イベント前回予想結果
29:00ドル消費者信用残高【前月比】51.3億ドル90.0億ドル237.5億ドル

※公表時間は、日本時間で表示しています。

主要な重要イベント

主要なイベントはありませんでした。

為替変動要因まとめ

  • ドル円下落
    • 終値は144.23円と前日比で40銭程度のドル安水準。
    • NY連銀が公表した12月の消費者調査で、1年先の期待インフレ率が3.0%と前月の3.4%から低下し、3年ぶりの低水準を付けたことが分かると、米10年債利回りが3.96%台まで低下。
      • 全般ドル売りが優勢となった。
      • 前週末の安値143.81円を下抜けて一時143.66円まで値を下げた。
    • 売り一巡後は下げ渋る展開に。米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有するボスティック米アトランタ連銀総裁が「FRBはインフレ抑制を確実に継続するため、引き締めの姿勢を崩していない」「現時点では勝利を宣言するのは時期尚早」と述べ、市場の早期利下げ観測をけん制すると米長期金利が低下幅を縮小。
      • ドル円にも買い戻しが入り、5時過ぎには144.27円付近まで下値を切り上げた。