2023年12月13日の為替・株価の振り返り

こんにちは、採掘師です。

2023年12月13日の為替・株価に関して、振り返りをします。

1日の振り返り

今日は、大きな転換点になったかもしれません。

FOMCの発表により、2024年に利下げが3回実施するとの見通しを示されたことにより、ドル安円高が一気に進みました。

ドル円が、2024年どこまで円高が進行するかで、運用が大きく変わりそうです。

ただ、現状の円高要素には日銀金融政策変更も織り込んでいる可能性もあるので、19日の日銀の動向次第で円高の深さが変わりそうです。

2023年12月13日の成績

取引回数決済回数
142

為替

為替に関しては、午前7時〜翌日午前7時までの範囲でとりまとめています。

各通貨の強弱

株価の終値

日本株価指数

指数終値前日差
日経平均株価32,973.4782.65

米国株価指数

指数終値前日差
NYダウ37,090.83512.89
S&P5004,707.0963.39
ナスダック総合14,733.96200..56
ナスダック10016,562.37208.12

気になる経済指標

日本

公表時間通貨イベント前回予想結果
08:50日銀短観・四半期大企業製造業業況判断91012
08:50日銀短観・四半期大企業製造業先行き1098
08:50日銀短観・四半期大企業非製造業業況判断272730
08:50日銀短観・四半期大企業非製造業先行き212524
08:50日銀短観・四半期大企業全産業設備投資【前年度比】13.6%12.4%13.5%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

オーストラリア

本日発表の経済指標はありませんでした。

EU・スイス

公表時間通貨イベント前回予想結果
19:00ユーロ鉱工業生産【前月比】-1.1%-0.3%-0.7%
19:00ユーロ鉱工業生産【前年同月比】-6.9%-4.6%-6.6%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

アメリカ

公表時間通貨イベント前回予想結果
21:00ドルMBA住宅ローン申請指数【前週比】2.8%7.4%
22:30ドル卸売物価指数(PPI)【前月比】-0.5%0.1%0.0%
22:30ドル卸売物価指数(PPI)【前年同月比】1.3%1.0%0.9%
22:30ドル卸売物価指数(PPIコア指数:食品・エネルギー除く)【前月比】0.0%0.2%0.0%
22:30ドル卸売物価指数(PPIコア指数:食品・エネルギー除く)【前年同月比】2.4%2.2%2.0%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

主要な重要イベント

  • 28:00:アメリカ【米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利発表:5.25-5.50%%(据え置き)】
  • 28:30:アメリカ【パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長:定例記者会見】

為替変動要因まとめ

  • ドル円大幅に続落
    • 終値は142.89円と前日比で2円56銭程度のドル安水準。
    • 11月米卸売物価指数(PPI)が予想を下回ったことが分かると、全般ドル売りが先行。
      • 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言が「市場で広がっている来年の利下げ観測を後押しする内容だった」との受け止めから、米金利が急低下するとドル売りが加速した。
      • 5時過ぎには一時142.65円まで大きく値を下げた。
      • 米10年債利回りは一時4.0051%前後と8月10日以来の低水準を更新した。
    • FRBは12−13日に開いたFOMCで市場予想通りFFレートの誘導目標を5.25−5.50%に据え置くことを決めたと発表。
      • 政策金利見通し(ドット・チャート)では2024年末時点の中央値を5.125%(5.00−5.25%)から4.625%(4.50−4.75%)に下方修正し、来年3回の利下げを想定していることが示唆された。
      • パウエルFRB議長は会見で「インフレは緩和したものの、依然として高すぎる」「FOMCは適切であれば追加引き締めの用意」としながらも、「きょうの会合で利下げのタイミングを協議した」「FOMCは現状維持が長すぎる場合のリスクを認識」などと語った。