2023年12月4日の為替・株価の振り返り

こんにちは、採掘師です。

2023年12月4日の為替・株価に関して、振り返りをします。

1日の振り返り

ドル円は、146.5円〜147.5円を固めるような値動きで、細かく決済を繰り返すことができた1日でした。

また、スイスの消費者物価指数(CPI)が予想よりも悪化したことによる、フラン売りが起こりフラン円大きく円高方向にすすみました。

これに乗じて、1年以上保有している塩漬けポジションを1つ決済することができました。

年末に向けて、税金対策として塩漬けポジションの決済を行っていく予定です。

もう少し、フランが売られると良いのですが、なかなか下がらないですね。

2023年12月4日の成績

取引回数決済回数
77

為替

為替に関しては、午前7時〜翌日午前7時までの範囲でとりまとめています。

各通貨の強弱

株価の終値

日本株価指数

指数終値前日差
日経平均株価33,231.27-244.01

米国株価指数

指数終値前日差
NYダウ36,204.44-41.06
S&P5004,569.78-24.85
ナスダック総合14,185.49-119.54
ナスダック10015,839.67-157.91

気になる経済指標

日本

公表時間通貨イベント前回予想結果
08:50マネタリーベース【前年同月比】9.0%8.9%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

オーストラリア

本日発表の経済指標はありませんでした。

EU・スイス

公表時間通貨イベント前回予想結果
16:30フラン消費者物価指数(CPI)【前月比】0.1%0.0%-0.2%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

アメリカ

公表時間通貨イベント前回予想結果
24:00ドル製造業新規受注【前月比】2.8%-2.6%-3.2%

※公表時間は、日本時間で表示しています。

主要な重要イベント

  • 23:00:EU【ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁:発言】

為替変動要因まとめ

  • ドル円反発
    • 終値は147.21円と前日比で39銭程度のドル高水準。
    • 全般に手掛かり材料を欠いたこともあり、米金利動向に振らされる展開となった。
    • 米10年債利回りが24時過ぎに4.23%台まで低下した場面では146.40円台まで弱含んだものの、一巡後は4.29%台まで上昇したことに伴って147.45円まで反発。
    • ダウ平均の下げ幅縮小なども相場を下支えした格好となったが、引けにかけては米10年債利回りが4.25%台まで再び上昇幅を縮めたことから147.10円台まで伸び悩んだ。